快適な毎日を送るのに大切な健康
それを作っているのが毎日の食事で
ある事は言うまでもありません

手技だけでなく、幅広い視野を
持つべく、私も含め日々皆様と
健康に対する、理解を深め快適な
毎日を過ごせるように作成させて
頂いております

尚、私の個人的な意見や感想を
追加しておりますが効果を保障するもの
ではありません、参考程度にお願い致します
又修正のご指摘などがありましたら
ご連絡下さい

栄養と栄養素の違いとは?

参考資料「栄養の基本がわかる図解事典」

[check]栄養=自然界から摂取した

色々な物質を消化吸収によって
体内に取り込み分解(異化作用)や
合成(同化作用)によって

成長や生活活動に、必要な人体特有の
成分に変換させる事この営みが栄養

[check]栄養素=体内の栄養(代謝)の
為に外界から摂取される要素が「栄養素」

*よく栄養、栄養といいますが
摂取した食事はただの栄養ではなく
正しくは栄養素という事は
意外と知られていないことです


糖質とは?

人間のエネルギー源になるのが
糖質です,同様にエネルギー源になる
脂質に比べ分解・吸収が早く
即効性があるのが特徴です

その食物としては良く食べる
パン・ご飯・麺類・いも類などが
上げられます

そして、その糖質を多く食べた時に
同じく摂取して頂きたい
ビタミンがあるのですが
皆さん、なんだと思いますか?
それは・・・

ビタミンB1です
ビタミンB1には3つの特徴があります

①ビタミンB1は、体内で糖質が
エネルギーに変わる時に補助酵素
として重要な働きをします

吸収を助けます
②ビタミンB1が不足すると
糖質の代謝がうまく行かず
疲労が蓄積し筋肉痛の原因になります

③ビタミンB1が不足すると
脳の中枢神経や手足の
末梢神経の働きを正常に保つ事が出来ず手足のしびれ

反射神経の異常などの症状が現れます

このように
ごはんなど糖質を食べた時には
ビタミンB1の摂取が不可欠です

そこでビタミンB1を摂取できる
食材を挙げてみます

「1日の目安」
例・玄米ごはん 1杯(150g)
・そば(生) 1玉(130g)
・豚ヒレ肉  80g
・豚もも肉  80g
・豚ロース  80g
・絹ごし豆腐 半丁(150g)

私的に金額時も手頃で調理も多彩な
絹ごし豆腐がお勧めです
又豚丼は、理に適っているメニューと
言えそうです

毎日、食べる糖質ですから効果的に

摂取して毎日元気にありたいものですね

ビタミンとは?

人間に必要な栄養素は
45~50種類ほどあると
言われていますが

炭水化物、たんぱく質、脂質の
三大栄養素にビタミン、ミネラルを
加えたものが五大栄養素と
呼ばれています

5大栄養素の一つビタミンは
3大栄養素(炭水化物、たんぱく質、
脂質)のようにエネルギー源や
体の構成成分にはなりませんが
体の機能を正常に維持する為に
不可欠な物質です

必要量はごくわずかですが
摂取しないとそれぞれのビタミンに
特有の欠乏症状を引き起こします

多くのビタミンは
糖質、脂質、たんぱく質の代謝を
円滑に行なわせる潤滑油のような
働きをしています

また血管や粘膜、皮膚、骨、などの
健康を保ち、新陳代謝を促がす
働きにも関与しています


脂溶性ビタミンとは?

水に溶けにくく、アルコールや
油脂に溶ける性質を持つビタミンです

ビタミンA・D・E・Kが
これにあたります
脂溶性ビタミンは肝臓に蓄積されるため
とり過ぎると頭痛は吐きけなどの
過剰症を起こすものがあります

通常の食生活ではとり過ぎる
心配はありませんがサプリメント
などで大量にとる場合は注意が必要です

脂溶性ビタミン働き
ビタミンA目の網膜組織の成分、皮膚・粘膜を健康に保つ、抗がん作用
ビタミンDカルシウムの吸収促進、骨の成長促進、血中カルシウム濃度の調節
ビタミンE細胞膜の酸化を防ぐ、過酸化脂質の生成防止、老化予防、赤血球の容血予防
ビタミンK血液凝固因子の生成、カルシウム結合、タンパク質の生成


水溶性ビタミンとは?

水に溶けやすく、油脂には溶けにくい
性質を持つビタミンで、ビタミンB群と
ビタミンC群とあります

水溶性ビタミンは、過剰にとっても
体内に蓄積されずに排泄されて
しまうので、毎日一定量をとる必要が
あります

水溶性ビタミン(ビタミンB群)働き
ビタミンB1補酵素として糖質の代謝に関与、神経機能を正常に保つ
ビタミンB2補酵素として糖質、脂質、タンパク質の代謝に関与、成長促進、過酸化脂質の分解
ナイアシン補酵素として糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関与
ビタミンB6補酵素としてアミノ酸の代謝に関与、神経伝達物質の合成
葉酸赤血球の産生、補酵素としてDNA合成に関与、胎児の先天異常の予防
ビタミンB12補酵素としてさまざまな反応に関与、正常な赤血球の産生、神経機能の維持
ビオチン補酵素として糖質、脂質、タンパク質の代謝に関与
パントテン酸補酵素として糖質、脂質・たんぱく質の代謝に関与
水溶性ビタミン(ビタミンC群)働き
ビタミンCコラーゲンの合成、筋肉、血管、皮膚、骨の強化、過酸化脂質の生成を抑制、抗ガン作用

まとめますと脂溶性ビタミンを
通常の食事から取る場合に
過剰摂取になる事は稀ですが
サプリメントなどはつい過剰にとり
過ぎる可能性があり

注意が必要
肝臓に蓄積され頭痛や吐き気を伴う
水溶性ビタミンは尿として体外に
排出される為、毎日の摂取が必要

特にビタミンCはその効果が高く
食事もしくサプリメントでも摂取を
心がけた方が良い栄養素です

毎日の仕事で食事のバランスが
取りにくい方は、サプリメントを
補助食品として活用すると健康管理に
一役かってくれそうです

ミネラルとは?

ビタミン同様微量ながらも体の
健康維持に欠かせない栄養素で
必須ミネラルとして16種類が
知られています

ミネラルの働き
①骨・歯など体の構成成分になる
②体液にとけてph浸透圧を調整する
③酵素の構成成分になる
④神経・筋肉の興奮性の調整をする
などがある

ミネラルの過剰摂取の危険性
ミネラルのとり過ぎは過剰症を
引き起こします

1日の必要量が100㎎未満の鉄や
亜鉛などをとり過ぎると、中毒を
起こします

またナトリウムのとり過ぎは高血圧に
つながるなど、生活習慣病とも深い
関わりがあります

ミネラルが不足の危険性
ミネラルは体内で合成する
事できない為食事からとるのは必須です
不足すると、さまざまな不調が現れたり
鉄欠乏症貧血、ヨウ素不足による
甲状腺腫などの欠乏症を起こします

またカルシウム不足で
骨粗しょう症になるなど
問題も起きます

多量元素元素記号働き
カルシウムCa骨や歯を形成、神経の興奮を抑える
リン骨や歯を形成、リン脂質や核酸の成分、糖質の代謝をサポート
カリウム細胞内液の浸透圧の維持、心臓や筋肉の機能を調節
イオウ皮膚や髪、爪を形成、酵素の活性化
ナトリウムNa細胞外液の浸透圧の維持、筋肉や神経の興奮を抑える
塩素Cl胃液の成分、殺菌
マグネシウムMg酵素の活性化、神経の興奮の抑制
微量元素元素記号働き
Fe赤血球のヘモグロビンの成分
亜鉛Znたんぱく質の合成に関与
Cu赤血球のヘモグロビンの合成に関与
ヨウ素発育を促進、基礎代謝の促進
セレンSe抗酸化作用、がん予防
マンガンMn糖質や脂質の代謝に関与
モリブデンMo尿酸をつくり出す代謝に関与
クロムCr糖質や脂質の代謝に関与
コバルトCoビタミンB12の成分、造血作用に不可欠


ビタミンとミネラルの違い

ビタミンとミネラルの違いは
ビタミンは微生物や動植物の
生命活動によって生み出されるのに
対し、ミネラルは水や土壌などに
存在する無機質で動植物が
作り出すことは出来ない
ということです

動植物が水や土壌から摂取して
体内に取り込んだミネラルを
こんどは人間が食事として
摂取する形になります

営業時間・電話番号

福岡 整体

電話番号

顔電話写真

あなたのお悩みを緩和します

お気軽にご相談下さい