自律神経失調症6タイプ

更年期障害とは?

更年期障害とは
性成熟期から生殖不能期への
移行期(45〜55歳)に
あたり平均51歳で
訪れる閉経以降の
30年余の生活をいかに
健康に過ごすかを考える
人生の節目になります

更年期障害は
この時期に生じる
自律神経失調症状と
精神症状が相互に関係
しあって起こる
不定愁訴の総称と
考えられます


原因は何か?

更年期になると加齢に伴う
卵巣機能の低下によって
卵巣から分泌される
女性ホルモン
(エストロゲン)の
量が減り、これが脳の
視床下部にある
自律神経中枢に影響を
及ぼして自律神経失調症を
引き起こします

また、この年代の女性を
取り巻く家庭や社会環境の
変化からくる

心理的ストレスが
大脳皮質‐大脳辺縁系に
影響を与え憂うつや
情緒不安定などの
精神症状を引き起こします

この自律神経失調症状と
精神症状が相互に影響し
合って更年期障害の
病状を複雑にしています


症状の現れ方

通常、自律神経失調症状と
精神症状は混在しています

自律神経性
更年期障害の
代表的なものは
ホットフラッシュ
発汗などの症状です
(顔ののぼせ、ほてり)

ホットフラッシュは
閉経女性の
40〜80%に認められ

1〜数年間続き長期にわたる
場合もあります

しかし
そのうち治療を
要するものは
25%とされています

精神症状としての
憂うつは閉経女性の
約40%に認められています

また、最近の調査では
日本の更年期女性の
特徴としてホットフラッシュ
よりも肩こりや憂うつを
訴える

頻度が高いことが
わかっています

【検査と診断】
更年期障害の疑いがある時は
専門医の診察を受けまず
血液ホルモン検査を
することをおすすめます

更年期障害は
卵巣機能がまだ
変動している時期に
みられるもので
一定の時期が過ぎて
卵巣機能が完全に低下し
全身の状態がホルモンの
変化に慣れてくれば
自然によくなると
考えられています

そのため、一度だけの
血液ホルモン検査では
エストロゲンが
正常な値を示す事があります

更年期と診断
されるためには
老化した卵巣を
活発にしようとして
脳下垂体(のうかすいたい)
から大量に分泌される
性腺刺激ホルモンの
値が高いことを
確認することが重要です

また、更年期障害は
甲状腺や循環器などの
内科疾患
整形外科疾患
脳神経外科疾患
耳鼻科疾患あるいは
うつ病などの
精神科疾患と類似した
症状を示すことがあるので
複数の診療科の
受診が必要となる事も
あります


地図


営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

携帯電話お悩み


a:380 t:1 y:0