整形外科病院

整形外科 脊柱管狭窄症

ここでは整形外科が考える

脊柱管狭窄症のついて説明します

ここでは整形外科のアプローチを説明しております

治療を行う際に参考にして頂ければと思います


日本整形学会外科学会の調査によると

365万人の脊柱管狭窄症の患者がいると推定されています

若い方はまれで高齢者になるほど多く

70歳代では10人に1名の割合だそうです


原因は背骨の後ろ側にある神経の通る管が

狭くなり、神経が圧迫される事で

加齢に伴うシニアの病気と説明されています


福島県立医科大学 紺野 慎一 教授 説明
NHK今日の健康 シニアの脊柱管狭窄症 参考

整形外科の脊柱管狭窄症とは?

主に加齢に伴って腰椎が変形する事で

神経が圧迫され、痛みやしびれが出る

脊柱管は背骨の後ろ側にある、神経の通る管状の

空間です。何らかの理由でこの空間が狭くなると

その中を通っている神経が圧迫さます


すると、しびれや痛みが症状として出てきます

「代表的な症状」

お尻から脚にかけてしびれや痛みがあり

歩いているとひどくなる

立ち止まってり、座ったりすると楽になります


両足の足裏がしびれるという人も少なくありません

脊柱管が狭くなる最大の原因は

加齢によって背骨が変形したり、靱帯が厚くなることにあります


脊柱管が狭窄する二つのタイプ


健康な脊柱管狭窄症


脊柱管が狭窄している腰椎

「神経根が圧迫された場合」

症状

多くは片側の脚のしびれ痛み、片側の脚の脱力

特徴

保存療法でよくなる事が多い

手術でも改善しやすいといれている


「馬尾が圧迫された場合」

症状

両側の足裏のしびれ、排尿・排便障害

特徴

軽症なら保存療法で改善する
   
排尿障害などが出た場合は

速やかに手術を行う事が推奨されています


脊柱管狭窄症に特徴的な症状

脚の痛みやしびれ腰痛はあまり起らない

腰の4番目の神経が圧迫されると

お尻から脚の外側にかけての症状でる


神経が障害される事でこむら返りが起きやすくなる

脚のしびれ痛みは、腰を丸める姿勢をとると楽になる

しばらく歩くと痛くなって休むとまた歩けるようになる


間欠性跛行

人間は歩く時に軽く背骨が反っています

この時に脊柱管の後ろ側にある靱帯が厚みを増し

脊柱管が狭くなります

その為、神経の圧迫が強まり

しびれや痛みが悪化します



脊柱管狭窄症の重症度チェック

整形外科が行う脊柱管狭窄症の重症度チェックを紹介します

□しびれはあるが痛みはない

□しびれや痛みが脚の両側にある

□両脚の足裏にしびれがある

□お尻の周りにしびれが出ている

□お尻の周りにほてりが出る

□歩くと尿が出そうになる



二つ以上当てはまる方は→馬尾型の可能性

馬型の重症度チェック


□麻痺が出ていている

□尿をもらしてしまう

□馬尾型の症状を何年も放置している


当てはまるものが2つ以上ある場合は重症の可能性があり

出来るだけ早く手術を検討した方いいとされています



一つもないもしくは一つだけの方は→神経根型

神経根型の重症度のチェック


かかとで歩いてみる

片方のつま先が上がらない場合は重症の可能性がある


足に力が入らないのは重症のサインで

手術を検討する材料になるようです


脊柱管狭窄症で手術後

手術をしても8割ほどの方に

足裏のしびれが残ると言われています

足裏のしびれには二つのパターンがあります


足裏のしびれには歩いた時の起こるもの

じっとしていても足裏がしびれるものもの

手術後に残りやすいものは後者になります


ただし手術によって症状が全体として

軽くなったことみ目を向けて行きましょうと

説明されています


手術後のこりやすい症状

足裏のしびれ


再度検査を受ける又保存療法を継続していく




こむら返り


残った場合はゆっくりふくらはぎを伸ばす


寝る前に水分を取るようにしましょう




腰痛


手術前から腰痛がある場合は残るケース多いとあります



脊柱管狭窄症とうつの関係

脊柱管狭窄症とうつ病はじつは

密接な関係がある事が明らかに

なってきていると言われています


ある調査研究では脊柱管狭窄症のある人には

うつ病が多い事が明らかなっており

うつを「なし・軽症・中等症・重症」の4段階に

分類すると、重症のうつの人が非常に多いという結果でした


しびれや痛みなどの体の不調があることで気分が

落ち込むのか、あるいはうつ症状がある事で

しびれ、痛みを強く感じてしまうのか

まだ明確には分かっていませんが


体の活動性が落ちる事による気分の影響をなどを

考えると、脊柱管狭窄症がある事が誘因に

なっている可能性があります


この場合は手術は体に負担をかけ

帰って病状が悪化する場合があるので

手術は避け、心療内科と併せて脊柱管狭窄の治療

進め事が推奨されています



うつかどうかチェックの仕方


□この一か月間、気分が沈んだり憂うつな

気持ちなったりする事がよくあった


□この1か月間、どうしても物事に対いして興味が

湧かない、あるいは心から楽しめない感じよくあった


どちらか一つでも当てはまる場合

うつの可能性があります



その他、うつの可能性がある項目

よく眠れていない・食欲がない・また食べすぎてしまう

疲れやすい・気力がない・思考力や集中力の低下

動作や話し方がゆっくりしている

これらが2週間以上続いていると

よりうつの可能性が高まります


うつの可能性がある場合、対処方法は?

精神科や心療内科を受診する

うつと診断されたらうつ病の治療を進める事で

脊柱管狭窄症もよくなっていくようです

別冊NHK
シニアの脊柱管狭窄症 参考