整形外科病院

整形外科での坐骨神経痛

腰痛や坐骨神経痛でお悩みの時まず保険治療が
受けられる整形外科に行かれると思います

このページでは坐骨神経痛について
整形外科の視点を説明して行きます

参考程度に見て頂けると良いと思います


坐骨神経痛とその症状


いつもお尻に痛みしびれがある

太ももの外側や裏ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(下肢痛)が続いている

足が激しく痛み少し歩くと歩けなくなる

腰を動かすと下肢の痛みが激しくなる

安静にしていてもおしりや下肢が激しく痛んで眠れない

下肢痛だけでなく腰痛がある

体をかがめると痛くて靴下をはけない

立っていると足が痛んできて立っていられない

おしりが痛くて座っていられない


坐骨神経痛とは?

画像の説明


坐骨神経痛は太ももと足の(下肢)の筋肉を
支配し脳からの運動の命令を伝え
歩いたり体のバランスをとるなどの働きをしています

その為、坐骨神経痛に障害が起こると
おしりや太もも足(下肢)がしびれたり痛んだりします

重症になると休み休みしか歩けない
間欠は行や排尿障害などをおこします

坐骨神経痛は腰から臀部、太ももふくらはぎに足の外側にかけて
痛みやしびれを伴う症状をさしていいます

ここで知っておいて頂きたいのは症状であって
病名ではありませんしかし実際の病院の先生は
坐骨神経痛と患者さんにお伝えする事が多いです

正式に認められていない病名ですが

認知度からいうと実質的な病名と
言っても過言ではないと思います

なぜなら書籍でも坐骨神経痛で販売され
一般的認知が非常に高いからです

しかし正式にはどんな病名になるのか説明します


坐骨神経痛の病名

坐骨神経痛の正式な病名

↓多くの場合

腰部脊柱管狭窄症
腰痛椎間板ヘルニア

↓以下は可能性は低いですが
安心を得る為に検査を勧めている病名です

足の血管がつまる閉塞性動脈硬化
子宮ガン・前立腺ガン


坐骨神経痛の3タイプ

整形外科では坐骨神経痛の痛みの出方を3つに分けています


後屈障害型坐骨神経痛

(狭窄型)
腰を後ろにそらすことができない
後ろそらしの姿勢が腰痛を悪化させる


前屈障害型坐骨神経痛

(ヘルニア型)
腰を前に曲げると痛む前かがみの姿勢が腰痛を悪化させる


合併型

前に曲げても後ろにそらしても下肢痛が増強する


坐骨神経痛の原因

整形外科が考える坐骨神経痛の原因は
広く引き出すと以下になります

腰部脊柱管狭窄症
  (変性すべり症を含む)
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎分離症・分離すべり症
変形性腰椎症(腰椎脊椎症)
脊椎・脊髄腫瘍
骨盤内の腫瘍
梨状筋症候群

前述していますが坐骨神経痛の多くは
脊柱管狭窄症か腰椎椎間板ヘルニアが
多いとされています


*椎間板ヘルニア

椎間板が通常の位置からはみ出して馬尾や神経根を
圧迫して起こる症状をいい20代~30代の人に多く
みられ、前かがみの姿勢が辛くなります


椎間板ヘルニアの症状

腰痛の他に足にしびれや痛み、麻痺が出ます
これは脊椎の椎体と椎体の
間にある椎間板が20才を過ぎると
老化しはじめ弾力性を失うことが
原因とされています

老化によって弱くなった
線維輪という椎間板の壁が内部のゼリー状の
髄核の圧力によって脊柱管側に押しだされ馬尾や
神経根を圧迫している状態が椎間板ヘルニアです

椎間板ヘルニアが刺激している
神経が支配している腰や下肢に痛みやしびれ
麻痺があらわれますが椎間板ヘルニアが神経を
圧迫すると必ず痛みやしびれが
起こるというわけではありません


腰部脊柱管狭窄症

50代を超えた中高年者に多く見られ
腰部の脊柱管が老化や骨粗しょう症などで
損傷し狭くなる病気とされています

腰部脊柱管狭窄症になると体を後ろにそらす
動作をすると痛んだり痛みが増したりするようになります

馬尾や神経根が圧迫されて腰痛や
下肢痛が起こる事があります

日常生活では高いところにあるものを
背をそらすと痛くてできない

まっすぐ立っていられない歩く時の姿勢が
前かがみになる長時間歩けない

前かがみの姿勢が楽で下着や靴下をはく事は問題なくできる

腰部脊柱管狭窄症が進むと間欠跛行という歩行障害が起こる事があります

しばらく歩いていると足の
しびれや痛みが増して歩けなくなり
その場に座ったりしゃがんだりしている
うちに痛みがおさまってまた歩けるようになる症状です

痛みがおさまるのは座ったりしゃがんだり
すると体が前かがみになり脊柱管の狭まりがゆるく
なるの為です神経への圧迫が減るので神経の
血流がよくなり痛みが楽になるとされています

(当院は神経圧迫説には違う見解を持っています

これは整形外科の見解です
整形外科の視点と方向性と捉えて頂けるとよいと思います

以下の場合はすぐに病院に行って下さい

坐骨神経痛で以下の症状がある場合は
すぐに病院で診察を受けて下さい

急激な痛みがあって排尿や排便ができない時です

巨大な腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄と合併した
ヘルニアが馬尾神経を圧迫して炎症が起きたり馬尾に腫瘍が
できている事が考えられます

またじっとしていても痛いさらに痛みが増す場合は
化膿性脊椎炎などの重大な疾患が原因の場合もありただちに
整形外科の診察を受ける必要があるとされています

背中をほとんど動かせないほど脊椎がかたくなっている

腰の患部を軽くたたくと痛む(叩打痛)がある場合は
脊椎にガンが転移していたり細菌に感染して脊椎炎を
起こしている場合があります

こういう時はガンそのものに発祥したものは少なく
ほかの臓器や骨などから転移したものが大部分です

a:142 t:1 y:0