当院では腰痛のその他のお悩みに心身条件反射療法を施術に使います

クライアントとの信頼関係が必要とされるので無理に

施術を行う事はありませんが西洋医学では対応できない点を

補える可能性がありますので長引く症状でお悩みの方は一度ご相談下さい。

痛みの記憶

心身条件反射療法

近年、腰痛は過剰なストレスが原因の一つである事が

日本腰痛学会の腰痛診療ガイドラインで紹介されています

腰痛の85%が原因不明なのはご存知ですか?

この数値は腰痛の原因は個々によって感じ方が

違うストレスが関係しているからではないでしょうか?


そういった中で整形外科や整骨院や整体院に行ってもなかなか緩和しない

場合があります中には心療内科を受診している方もいます


メンタル?ストレス?自分には関係ないと違和感を覚える方もいます

しかし慢性的な腰痛で長引いている方は参考に読んで頂ければと思います


腰痛ガイドラインでは腰痛の考え方、受け取り方

腰痛に対しての行動様式を見直す認知行動療法に

エビデンスグレードAの高い評価を出しています


ご存知の方も多いですが腰痛とメンタルが

深い関わりがある事は多数の本でも紹介されており

中でも認知行動療法

効果が高いと言われています


当院でも腰痛に対してメンタルへのアプローチに力を入れています

特に慢性的な症状があり恐怖心思考癖に気づかず

凝り固まった認識が不調を長期化するケースが少なくありません


学習記憶


学習記憶

心身条件反射療法とはこころと体のバランスを

調整する事で腰痛をはじめとする痛みやしびれ・めまいなどを

緩和、軽減する方法です


心身条件反射療法は慢性的な痛み、しびれの原因を繰り返し脳に刻み込まれた

学習記憶に注目します

学習記憶は繰り返す

痛みを感じとることでより痛みに敏感になり脳にインプットされます


痛みに敏感になるという事は実際にその動作をしなくても

イメージしただけで痛みを感じとれるような状態です

脳には人間のスキルを上げるために記憶という機能がある反面

繰り返す痛みなども記憶し過剰に認識しやすくなるのです


この脳の誤った活動を

誤作動記憶といいます

繰り返した学習記憶が脳に誤作動を起こすのです

心身条件反射療法とは誤った学習から誤作動を起こす

脳に再学習を行い痛みへの過剰な反応を緩和、軽減します


心身条件反射療法







a:257 t:3 y:1

心身条件反射療法から資料貼付

地図

営業時間・電話番号

営業時間新

電話番号小

電話HP顔


メールは24H受付中

ご希望の日程・時間を
第2希望まで入力下さい
緊急時に備えて電話番号の
入力をお願いしております

a:257 t:3 y:1